タカコム TAKACOM|業務用留守番電話装置・電話応答機器メーカータカコム TAKACOM|業務用留守番電話装置・電話応答機器メーカー

製品情報

通話録音サーバ
VR-800VLA SV/VR-800VLA

音声データの長期保存
バックアップをサポート!

主な特長

音声データの収集

  • 同一ネットワークに接続された最大100台※1の通話録音装置の音声データを最大72,000時間※2保存できます。集中管理を行うことで、音声データの安全性が向上します。
    ※1 収集対象がVR-L140H/L145Hの場合。その他の通話録音装置は合計で10台まで。
    ※2 本体保存時間は、通話録音装置の録音形式・音質により変動します。

検索・再生

  • 検索・再生の方法を、WebブラウザとLAN再生ソフトVR-LS800CESから運用に合わせてお選びいただけます。
  • Webブラウザでは「シンプル入力」「詳細入力」を目的に合わせ選択して使用することができます。
  • VR-LS800CESはクライアントパソコンにインストールして、本装置の検索・再生を行います。また、バックアップメディア(RDXカートリッジ)の検索・再生ができます。
    ※RDXカートリッジの検索・再生は、クライアントPCと本装置がネットワーク接続させている必要があります。

ダイレクト再生機能

  • ダイレクト再生機能により、収集スケジュールを待つことなく各拠点の音声データの検索・再生が可能です。収集の間隔は最短1分まで設定できます。

セキュリティ機能

  • 検索・再生関連の操作について、ユーザー別に権限を設定できます。

バックアップ

  • 本装置に収集した音声データは、RDXドライブに接続されたRDXカートリッジにバックアップすることができます。

システム監視機能

  • 本装置と接続された通話録音装置のシステム状態を、クライアントパソコンで集中管理できます。通話データも同様に集中管理が可能です。

ログイン認証機能(対象通話録音装置:VR-L140H/L145H)

  • VR-800CESのログイン認証機能を使用しVR-L140HまたはVR-L145Hにログインすることで音声データにオペレータIDを記録することができます。
  • 管理者はVR-L140HまたはL145Hにログイン中のオペレータを一覧で表示し、通話モニター、音声の再生が可能です。
    ※VR-L140H/L145H 1台につき1台のパソコンが必要となります。

 

接続例

 

主な仕様

収集対象 VR-900 UX、VR-800VoIP/ VR-750/ VR-760 / VR-710/ VR-720/ VR-700/ VR-500/ VR-400/ VR-L140/ VR-MP100 シリーズ
収集台数 最大100台 ※1
録音 録音時間 ※2(媒体) 最大約72,000時間(HDD RAID1)
※標準モノラル時
バックアップ時間 ※2(媒体) 最大約63,000時間(RDXカートリッジ RDX-500)
※標準モノラル時
検索・再生 対応ブラウザ Internet Explorer 11 ※3/4
検索項目 通話録音装置、日時、表示名、担当者、自番号、自サブアドレス、通話時間、相手番号、発信/着信区別、メモ、分類、再生フラグ
(収容対象装置、接続回線、接続方式により使用できない場合があります)
セキュリティ機能
アラーム通知機能
ログイン認証機能 ●(VR-L140H/L145Hのみ)
時刻補正機能 NTP
環境条件 動作時 温度条件 5~40℃、 湿度条件 20~85% 結露なきこと
保管時 温度条件 -10~50℃、 湿度条件 20~85% 結露なきこと
VCCI クラスA
RoHS指令 適合
電源および消費電力 100V±10V 最大200W
寸法(幅×奥行×高さ) 431×520×176 mm(突起物含まず)4U
質量 18.2kg

クライアントPC推奨環境

  Webブラウザ LAN再生ソフト
OS Windows 10/ 8.1/ 7 SP1 日本語版 ※5
CPU OSが推奨する環境以上
メモリ OSが推奨する環境以上
ハードディスク 100MB以上の空き容量 2GB以上の空き容量
ドライブ CD-ROMまたは DVD-ROMドライブ(インストール時に必要)
RDXドライブ(バックアップメディアの再生時に必要)
ディスプレイ 解像度 1024 × 768ドット以上 解像度 1024 × 768ドット以上、画面の色High Color(16bit)以上
入力デバイス キーボードおよびマウス、またはこれらと互換の入力デバイス
サウンド 音声の再生機能があること
ネットワーク 100BASE-TX以上のネットワークアダプタ(TCP/IPでLAN、WAN接続ができること)

※1 収集対象がVR-L140H/L145Hの場合。その他の通話録音装置は合計で10台まで。
※2 本体保存時間は、収集対象の録音形式・音質により変動します。
※3 使用するアドオン:Windows Media Player Ver.12以降
※4 「互換表示」機能にて対応、Windows8.1ではデスクトップアプリ版のみ対応
※5 Windows RT 8.1は対象外

※ 製品の仕様は予告なく変更することがあります。※記載の社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

 

別売品

通話録音サーバソフト

VR-800VLA / VR-800VLA L

お客様準備のパソコンにインストールして、通話録音装置の音声データを収集できます。
・VR-800VLA:サーバへの検索・再生およびバックアップメディア(RDXカートリッジ)の検索・再生に対応
・VR-800VLA L:サーバへのWebブラウザでの検索・再生のみ対応
※ インストールするパソコンはお客様でご準備ください。また、通話録音サーバ専用のパソコンとしてご使用ください。
※ 本システムの動作に不具合が発生することを避けるため、他のアプリケーションをインストールして運用することは避けてください。

 

インストール環境
OS Windows 10 Pro/ 8.1 Pro/ 7 Professional SP1 日本語版(64bit)
※ 32bit版のOSには対応しておりません
CPU インテル Core2 Duo プロセッサ2.0GHz相当以上
メモリ 使用可能メモリ4GB以上
ハードディスク 500GB(システム領域として約50GB)の空き領域
※ 空き領域に音声データを保存します。保存する期間により必要な容量を用意してください。
光学ドライブ DVD-ROMドライブ(インストール時に必要)
ディスプレイ 解像度1024×768以上の表示が可能なディスプレイ
入力デバイス キーボードおよびマウス。またはこれらと互換のポインティングデバイス
ネットワーク 100BASE-TX以上のネットワークアダプタ
バックアップ 音声データのバックアップはRDX のみ対応しています。このときはRDX ドライブ・ RDX カートリッジが別途必要です。※ VR-800VLAのみ対応

 

HDD容量と録音時間の目安(標準モノラル音質)
HDDサイズ 500GB 1TB 1.5TB
録音保存時間 48,000時間 99,000時間 150,000時間

※表中の録音保存時間は、録音方式が「モノラル- 圧縮」の場合で、1通話あたり1分としたときの目安です。

LAN再生ソフト

VR-LS800CES(5クライアント)

WindowsパソコンからLANを介してVR-800VLA SVおよびVR-800VLAの検索・再生ができます。

無停電電源装置

電気異常や停電から装置を守ります。

VR-750UPS YTⅡ
●据置タイプ
・寸法(mm)/質量(kg) 幅130×奥行345×高さ220/約12.5

UPSYT

VR-750UPS YR
●ラックマウントタイプ
・寸法(mm)/質量(kg) 幅422×奥行385×高さ43.5/約11

UPSYR_01
RDXドライブ USB

RDXカートリッジにバックアップされた音声データの再生用ドライブとしてVR-LS-800CESをインストールしたWindowsパソコンに接続して使用します。

RDXDUSB01
RDXカートリッジ

通話録音サーバVR-800VLA SVや音声データ集中管理システムVR-800CESで収集した音声データのバックアップ媒体です。

RDX01
モニター 17インチTFTモニタ
一覧へ戻る